東原建築工房*志摩市

いかだ丸太とレーモンドスタイル

いかだ丸太の家スタディツアーその3 レーモンドスタイルの肝となる細丸太を学びに速水林業さんへ。山の現状、いまの切り旬、皮むきや乾燥のことなど、沢山教えて頂きました。 気候風土適応住宅の申請準備と平行して、丸太同士の木組みや納まりの実物検証を進めて行きます。

続きを読む

地松と栂

材木屋さんに眠っていた地松と栂(つが)。曲がりに強い材料です。 「筏丸太の家」の桁や梁に考えてます。挽き直してくせを抜き、もう少し桟積み乾燥してから、木づくりします。

続きを読む

伝統木造構法を世界遺産に

#職人宣言 槍鉋編 東原大地  伝統木造構法に関わるすべての職人やその技を、ユネスコ世界遺産に登録を求める活動に参加しています。  ”やり鉋”は、竹中道具館で学びました。  後段背景に出てくる”よろい壁”は、立神薬師堂です。  *NHK公式アプリ

続きを読む

木組みジャングルジム 工高生くむんだー開催

伊勢工業高校生テクノフェア。 建築科生徒の手作り「木組みジャングルジム」いよいよデビューです。 このイベントは、学校紹介と地域交流を目指し今年が初開催。 たくさんのご家族に、楽しんでいただきました。 木造伝統工法の強さや温かさを、感じてもらえたかな。 二学期授業では今回の経験を活かし、より良き作品に仕上げていきます。

続きを読む

子供の声が聞こえる鵜方の家

20数年前、デビュー当時の現場です。 今回は、キッチンリフォームの打合せにお伺いしました。 時を経て味わいを増したかな。 大切に住まわれていて、とても嬉しいです。

続きを読む

鵜方の小さな石場建て いよいよ完成です

鵜方の小さな石場建て いよいよ完成です。 よいとまけ、竹小舞、土壁、くん炭などの「共に建てる」こと、志摩の木、竹、土、籾殻などの「地物を使う」こと、籾殻断熱や、無24h換気扇などの「民家に学ぶ」こと、などなど。 いろんな試みをさせていただいた、思い出深い建物となりました。時間をかけて使い込まれ、味わいを深めて欲しいと願っています。 太鼓梁も地元の杉と桧です …

続きを読む

声を合せて「ヨイトマケ」、心も一つになりますね

立神薬師堂での「ヨイトマケ」、真珠筏に使う「なる丸太」のやぐらです 「よぉいと巻かっせぇ、やっとこせぇ」 地元の盆踊りには「ヨイトマケ」のはやし声が出てきます。 ヨイトマケは、家づくりの最初に行う地固めの「どうづき地業」の一つです。 やぐらを組み手綱で引いて落とす「ヨイトマケ」や、丸太に持ち手をつけた「たこ突き」などもあり、家族や親戚、お隣の皆さんで力をあわせて行ううちに、心も一…

続きを読む